三愛製薬 定評ある水溶性低分子キトサンに、免疫賦活作用と整腸作用を持つ超低分子のキチンオリゴ糖を配合。


会社案内

  • 三愛キトサンについて
  • キチン・キトサンとは?
  • キトサンの吸着作用
  • 商品へのこだわり
  • 他社製品との違い
  • 製造品質を保証

GMPマーク

三愛製薬TOP > 三愛キトサンについて > キトサンの吸着作用

キトサンの吸着作用

マイナスに帯電した物質を吸着
キトサン溶液の電気分解

“低分子水溶性キトサン”は、キトサンの持つアミノ基(+に帯電)が、マイナスに帯電した物質を吸着するという性質があります。
キトサン溶液を電気分解すると、電気分解後には、マイナス(-)電極側(赤)にはプラス(+)に帯電した物質が析出し、キトサン溶液には+の電荷を持った物質が存在していることが分かります。
この+の電荷を持った物質がキトサンです。


“低分子キトサン”を使った塩素吸着実験
キレート作用

プラスに帯電している水銀やカドミウムなどの重金属は、キトサンの持つキレート作用で一度掴んだら離しません。

キレート化について

●キレートとは
ギリシア語『カニのはさみ』に由来。

●キレート化とは
有機分子(配位子)が金属イオンをはさむように配位(配位結合)して環状構造を持つ錯化合物(キレート化合物)をつくること。
キトサンが重金属をキレート化するのは、配位結合由来であり、キトサンのアミノ基の+イオン由来の結合ではないので、+の電荷を持つ金属イオン(Hgなど)をキレート化する。

●キレート化合物は
キレート化合物は結合が非常に安定しているので、一度取り込むとなかなか解離しない。
グルコサミンのアミノ基は金属イオンをはさんで保持するキレート作用がある。

お電話でのお問合せはこちら フリーダイヤル:0120-23-7345 受付時間【平日】9:00〜17:00

FAXでのお問合せはこちら フリーダイヤル:0120-23-7343

メールでのお問合せはこちら